読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EMPIRE カード考察(ドミニオン)

さて、やっとこさ個別にカードを見ていけますね!
記念すべき1枚目はこちら!


f:id:ws-ot-brass:20161108220534j:plain



・ARCHIVE
5コスト
アクションー持続
 

  1. 1アクション

デッキの上から3枚を見る。
そのうち1枚を手札に加え、残りの2枚をこのカードの下に置く。次のターンとその次のターンの始めに、伏せたカードを1枚選んで手札に加える

 
 出ました、ドミニオン初の2ターン持続。むしろ永久持続があったのに何故複数ターン持続が無かったのか←
 
 その効果はというと、「停泊所」や「道具」に似た効果を2ターンに渡って使用できるというもの。ターン開始時の手札に合わせて、持ってこれるものを選べるため、足りない分の金を補充したり、村鍛冶コンボの足りない方を持ってくるなど、割と丸いカード
 
「宝の地図」や「男爵+屋敷」のように、特定のカードの組み合わせについても、『次の次のターン』に持ってくるカードに関しては、それまでに引いてくる15枚の中に片割れが来てくれればいいので、かなり揃いやすいのではなかろうか。(そもそもデッキトップ三枚に1枚も無かったり、逆に組み合わせたい2枚とも3枚に含まれてたら無意味だが)
 
普通にお金プレイに混ぜてステロ気味にしても、案外うまく行ったりするのかな。積極的に買うほどではないけども、5金出た時に銀貨じゃなくてコイツ、みたいな。被っても強いし。
 逆に綿密に計算しつくされたコンボデッキとかや高圧縮デッキだと、めくれた3枚のうち1枚は暫く帰ってこなくて時々困りそうだから、多少雑多なデッキの方がうまく回りそう?
 
 なんというか、良くも悪くも「丸い」カードなので、具体的にどんなデッキに入れるのかの想像がつかないですね。まぁ大体のデッキは入れといて損はないんじゃない?って感じ
 
ちなみに複数枚ARCHIVEを打った時や、玉座系と合わせた時は注意が必要。
 ARCHIVE①とARCHIVE②を打ったら、
①でめくれたカードと②でめくれたカードは別にして、次のターン以降は、それぞれのカード群から1枚ずつ手札に加えます。玉座した時に特にこんがらがりそうですね
 
あとはデッキ(と捨て札)の残り枚数が2枚以下でコイツを使った時は、伏せておく枚数が減りますが、その時は伏せカードが無くなったターンの終わりに捨て札に行きます。この辺は道具と似てますかね
 
とりあえずここまで。
イベントとかも含めるとかなりの枚数なので、適度な頻度でしばらくの間は更新すると思います~。
 
Twitter
@ociR_otreuP